年齢や経験を考慮した社員教育

多少の違いは生じて当然

社員教育をする場合は、一度に行った方が効率良いです。しかし、そこには若手からベテランまで経験値の違う人材が集まるので同じ内容でも捉え方が異なります。年を重ねている社員に今更社会常識やマナーを教えても、忘れている場合を除き意味がありません。逆に、若手社員にいきなり高度な話をするのも適切ではありません。なので、経験やレベルに合わせて違った教育をすることが大切なのです。
ただ、何を知っていて何を知らないかはなかなか瞬時に分からないので日々の立ち振る舞いを観察したり、テストをするなどして判断していくしかありません。予算ばかりを気にして、工夫のない社員教育ばかりを行っていると会社を支えるような人材になりにくいです。

頭の回転なども考えたい

年齢や経験を重ねた社員は、社内でもそれなりに上の立場で働く場合が多いものです。立場が上になると会社にとって重要な判断をすることもあり、その結果によって会社の命運が左右することもあります。なので、社員教育では基本的に高度な取り組みをしなければいけませんし、戦略的な話はもちろん相手の懐につけ込むコミュニケーション能力など高い次元で話をすることになります。
ただ、年齢を重ねるごとに脳も劣化していくものです。頭の働きが鈍くなったり、重要な決断を幅広い視点で考えることができずに失敗してしまうと会社は危機的な状況に陥ります。大きな権限を与えられている社員の場合は、頭の体操など適切な判断をする為の取り組みも心掛けたいです。

新人研修を行うことにより、社会人としての心得を身につけることができます。そのため、安心して働き続けることにつながります。