社員の能力を最大限引き出すには?

ただ叱るだけでは社員の能力は伸びない

社員教育を行う際に、社員を叱ることが教育だと勘違いをしている管理職の方も多いですが、叱ることがプラスになる場合とそうでない場合があることをきちんと見極めるようにしましょう。何度優しく教えてもミスを繰り返すようであれば叱るということも必要になってきますが、たった一回のミスやできなかったことがあるだけで叱るのは好ましいことではありません。教育というのは相手に対して理解してもらえることが最重要課題ですから、怒りながら教えていても社員が萎縮するだけで能力がなかなか伸びないという事態に陥ってしまうことがあります。
社員教育はある程度気長に構えて教育していくことが大事ですから、叱るというのはあくまでも最終手段と捉えておきましょう。

長所を褒めることでモチベーションが上がる

社員を適切にほめてあげることでモチベーションも上がっていきます。
例えばできなかった業務やこれまで何度もミスを繰り返していた所を難なくこなせるようになった場合には、ただ見守ってあげるのではなく、褒めるということが大事になってきます。褒められて嫌な思いをするという人は少数派であり、大抵の場合出来る所を褒められたら次も頑張ろうという思いになれます。社員教育をしていく上では甘やかすのではなく褒めるということが大事ですから、社員の能力が向上した場合にはそれをきちんと認めてあげましょう。褒められて能力が向上した社員というのは自己肯定感も高くなるので、業務にも自信を持つことができ、長期的に見れば会社にとって貢献する人材となります。